副業

【副業解禁】2019年の副業は活発化してく!?副業始めるなら今!

副業元年の2018年から1年経過

働き方改革により政府から副業・兼業の普及促進が高まっています。今までは1つの仕事に従事して労働の賃金を得るといったことが主でしたが、今後は副業でも稼ぐといった人が増えていくのではないでしょうか。

この記事では副業の今後についてや副業を行う際の注意事項をご紹介していきます

副業解禁

副業は会社員でも大丈夫なの?

会社員で副業をやってみたいと思っている方も多く、近年は副業を許可している会社も増えています。就業規則に副業が禁止といった会社もあるので、勤務労働を行なっている方で副業を行う場合は会社の就業規則を必ず確認しましょう。

また、会社に副業についての定義が書いてなければなんでもやっていいという解釈も危ないかもしれません。
副業に明確な定義はないので、一般的な解釈でいうと「本業以外で収入を得ること」が副業にあたるのではないでしょうか。一般常識で考えれば副業に力が入りすぎて本業がおろそかになってしまうといったことがあれば副業は認めれれないといったこともありえます。

副業を始める方はまず、本業がきちんとできる上で副業をしましょう。

副業解禁といってもどんな副業をすればいいのか

副業を始めるといっても何をしたらいいか分からない人もいますよね。
以下のページに副業についての紹介があるのでご覧ください。

【副業の種類19選+1】 2019年これから副業を始める人に副業の種類を紹介2019年に副業をはじめたい方必見。副業の種類を紹介しています。副業スタディでは副業に関する情報や経験などをお届けするメディアです。副業を始めたい方はぜひご覧ください。...

基本的には現在従事している仕事に関連するものや派生するものがいいと思われます。スキルアップを目的とするのであれば「既存の得意分野 X ITスキル」があればより自分を高めることができるので副業がてらPCスキルやプログラミング、WEB制作スキルを学ぶのもいいかもしれません。

短期的な目線で稼ぐよりスキルを習得しつつ稼げる方法を続けた方が後々副業として得られることが多いのでオススメです。

副業解禁による今後の変化

2019年以降も副業をする人は増加していくことになるでしょう。しかし、中小企業は大手企業と比べて副業禁止というところも少なくないようです。先ほども述べましたが「副業をスキルアップや経験値アップ」として行う方はどんどん成長していき、現状の仕事のみで副業をする余裕がない人はそのまま停滞の一途をたどることになります。

上記の要因だけではありませんが、今後日本は格差が広がってくことと予想されています。会社員で副業を行いスキルアップと収入も増やしている人と、現状の仕事でいっぱいいっぱいな方とでは今後差が広がっていくのは当然です。

副業解禁についてのまとめ

副業をする人は今後どんどん増えていき、ビジネスや稼ぎ方も増えていくことになるでしょう。副業に興味がある人は今からでも遅くないのでとりあえずやってみるところから始めてみましょう。いきなり本格的に始めるより気軽にやってみて、合う・合わないといったことを分析するといいでしょう。

あとは自分に合った副業を見つけたら稼ぎ方について自分で考えて増やしていくのみです。副業は会社に与えられた仕事ではないので自分で稼ぐ考えや力が必要になってきますので今後の社会を生きる上でも必要な知識だと思うので、この機会にぜひ副業を始めてみてはいかがですか。