副業

【副業の種類19選+1】 2019年これから副業を始める人に副業の種類を紹介

副業の種類は!?はじめやすい副業を19種+1紹介

副業の種類は!?はじめやすい副業を紹介
働き方改革などにより副業も推進されている昨今ですが、まだ副業をはじめていない方や副業をはじめたいけど、どのような副業があるのかを知りたい人に向けた記事となります。

副業は年々増加傾向にあり、今後は1つの仕事だけでなく複数の仕事をこなし、収入を増やしていく流れが主になっていくのではないでしょうか。

副業・兼業の現状

副業・兼業を希望する者は年々増加傾向にある。副業・兼業を行う理由
は、自分がやりたい仕事であること、スキルアップ、資格の活用、十分な収
入の確保等さまざまであり、また、副業・兼業の形態も、正社員、パート・
アルバイト、会社役員、起業による自営業主等さまざまである。

厚生労働省副業・兼業の促進に関するガイドラインより引用

それでは副業の紹介していきます。

今回は大きくわけて副業を3つに分類して紹介します。

・①ネットで副業

・②労働で副業

・③投資(投機)で副業

①ネットでできる副業

ネットでできる副業
スマートフォンの普及によりインターネットの利用者が増え、それに伴いネットでできる副業も増えました。ネットでできる副業はたくさんありますが、今回はおすすめなものをピックアップしました。初心者向けからPCスキルなどが必要になるものまで紹介します。

1.ポイントサイト

2.懸賞サイト

3.アンケート

4.ネットオークションやメルカリなどCtoCサービス

5.ebay

6.ブログ(アドセンス)やアフィリエイトで副業

7.WEBライティング

8.プログラミング

9.イラスト制作

10.Youtube

1.ポイントサイトで副業

無料ゲームやアンケートなどでポイントが稼げるのでまずはじめに稼ぐということをするのであれば、ポイントサイトがおすすめです。
主なポイントサイトはモッピーげん玉がおすすめです。

副業【ポイントサイト】モッピーの登録方法の紹介ポイントサイトで副業をはじめよう!【モッピー編】 副業をはじめてみようと思っていて、何をしたらいいか分からないという方はまずはポイント...

2.懸賞サイトで副業

懸賞サイトで副業も簡単にはじめられるものの1つです。無料でできるのがメリットですが、必ずしも当たるわけではないので数を多くこなさないと当選する確率が低いということもあるでしょう。他の副業とあわせて行うのがいいかもしれませんね。

あと、なんでも懸賞サイトに登録すると個人情報収集が目的のサイトもあるので登録の際は専用のフリーメールを作成して利用するのをおすすめします。

3.アンケートサイトで副業

アンケートに答えるだけで稼げるのでこちらも簡単に稼げます。マクロミルinfoQ(インフォキュー)リサーチパネルといった
アンケートサイトがおすすめです。

4.ネットオークションやメルカリなどCtoCサービス

ヤフーオークションやメルカリで不用品を販売するのも副業となります。

はじめは自分の不用品を販売して稼いでいって、慣れていったらヤフオクで仕入れたものをメルカリで販売して、メルカリで仕入れたものをヤフオクで販売することにより利益を出すこともできます。

最近は海外のユーザーがアニメグッズなどをリクエストしてそれを販売する「otsukai」というサービスも出てきています。

5.ebayで副業

4のネットオークションやメルカリより難易度は上がりますが、ebayでの副業もあります。

ebayをするには基本英語テキストのやりとりですが、ほぼ定型文でのやりとりですので慣れればできるようになります。

ebayのアカウント作成初期は販売数や金額のリミット制限があり上限を増やすためにはリミットアップの交渉を英語でしなければなりません。

インターネットにリミットアップの方法の説明してるブログもあります。

後述しますがランサーズココナラといったクラウドソーシングでリミットアップ代行をしてくれるサービスもあります。

6.ブログ(アドセンス)やアフィリエイトで副業

ブログやサイトを作成して特定のサービスや商品を紹介して利用や購入者が発生したら成果報酬がもらえるのがアフィリエイトです。

成果報酬を得るためにはSEOの知識やウェブライティングのスキル、簡単なHTMLやCSSといたtウェブの知識も必要となってきます。

稼ぐ難易度は高いですが稼げるようになれば月に100万以上稼ぐ人もいます。
稼げるまでにはかなりの時間を要しますし、継続が必須になるので覚悟が必要です。

グーグルアドセンスはブログの記事の内容に沿った広告が表示されクリックされたら報酬が発生する仕組みとなります。
アフィリエイトよりこちらのアドセンスの方が敷居が低く稼げる場合があります。こちらもある程度PV数(ページが見られる数)げないので継続してく努力が必要になります。

7.WEBライティングで副業

ランサーズクラウドワークスといったクラウドソーシングサイトに記事の案件があるので依頼内容に沿って記事のライティングをする副業です。

はじめての方は報酬が高い案件は依頼されないので単価の低い案件からこなして信頼や実績を積み重ねて単価を上げていくのがいいでしょう。
数をこなせば文章力もつくのでスキルアップにも繋がります。

8.プログラミングで副業

プログラミングで副業という方法もあります。未経験では厳しい副業となりますのでプログラミング経験者が行える副業と言えます。
プログラミングの副業ができれば単価は高いので副業としては稼げる方だと思います。

未経験でも独学で勉強して制作実績があれば副業として行なえる可能性もあり。

9.イラスト制作で副業

イラストを作る副業もあります。
ココナラランサーズクラウドワークスといったクラウドソーシングのサイトでイラストの制作で副業できます。

WEBサイトに掲載するサービス説明をする漫画の案件やSNSのアイコン、ロゴ作成など色々できます。絵が得意な方やデザイン関係の仕事をしている方におすすめの副業です。

Youtube(動画作成

Youtubeは2019年では投稿者もかなり多くなっています。企業もYoutubeを利用していることもあり、新規で再生数を上げて稼ぐのは難しくなってきています。

YoutuberやVチューバーのようなジャンルで稼ぐよりはニッチな部分で再生数を集めて、上記のプログラミングの解説動画やイラスト作成の動画を上げて依頼に繋げるといった方法や動画作成代行なども今後、副業として増えていくのではないかと思います。

2019年にスタート予定の5G(第5世代移動通信システム)により動画コンテンツはより増えていくので動画制作のスキルはあるといいですね。
※5Gは簡単に説明すると従来の通信速度より早くたくさんの機器にも繋げれて、遅延も少ない。

②労働で副業

労働で副業
アルバイトや単純労働といった部分で稼ぐ副業になります。働き口があれば確実に稼げますが、体力や決まった時間をその労働に割くという部分もあります。
労働系の副業は以下のような物があります。

1.アルバイト

2.治験

3.内職

4.Uber/Uber Eats

5.代行業

1.アルバイトで副業

副業と言えばアルバイトをイメージする人も多いのではないのでしょうか。

採用してもらえれば働いた時間分の報酬が得られるので安心して稼げるものの一つです。一般的なサラリーマンだとほぼ確実に定時に上がれるのでなければ週末や休日のみといった勤務にな理ますね。

治験で副業

製薬会社の新しい薬をテストする治験。基本的には何日か入院しながらテストするものが多いそうですが、通院しながらできるものもあるようです。新薬のテストということで報酬も基本的に高額となっています。

稼ぎたいという方にはいいのかもしれませんが、万が一に薬が体に合わないといったこともあるかもしれませんので注意しましょう。

内職で副業

内職は在宅しながらでも稼げて単純作業で簡単ですが、単価はあまり高くありません。種類としてはシール貼りや袋詰め、カプセル詰めやボールペンの組み立てなどがあります。単純作業を多くこなさないと稼げません。

メリットは自宅でできるというところですね。自宅から離れられない理由などがない限りは別の副業を行なった方が稼げると思います。

4.Uber/Uber Eatsでの副業

Uber(ドライバー)は自家用車にお客さんを目的地に乗せて報酬を得るサービスです。

アメリカ発のサービスで海外でも70ヶ国で導入されているサービスです。
日本でもUberはありますが、都市群のみだけのサービスとなっているので全国的に普及はしていません。

また日本では法規制などもあり普及しづらいところもあります。Uber Eatsは飲食店の料理を個人がデリバリーするサービスです。これも自分の車やバイクなどで配達して報酬を得るサービスです。まだサービスができてから数年程度ですので副業とする人が増えるかもしれません。

5.代行業で副業

近年で多くの種類の代行業が出てきました。営業代行、運転代行や恋人代行、謝罪代行や宿題代行など様々です。世の中の人が困っている事、やりたくない事、時間がなくてできない事を解消してあげるのが代行サービスとなっています。

今後も新しい代行サービスも増えていくと思われますので新たな代行サービスを立ち上げるのも面白いかもしれません。

③投資(投機)でできる副業

投資でできる副業
投資では資本や知識、経験が必要になってくるので初心者は手が出しにくい分野となります。

それでも稼げる額は青天井ですので魅力はあります。
資本がない人は前述のネットや労働の副業で稼いだ金額を投資に回して稼ぐのが無難かと思います。

以下に投資(投機)でできる副業を上げていきます。

1.仮想通貨

2.FX

3.不動産投資

4.株式投資(NISA)

5.iDeCo(イデコ)

1.仮想通貨での副業

2017年、2018年初頭に人気が急騰した仮想通貨ですがコインチェックの事件を皮切りに勢いが落ちましたがまだ投資として人気があります。
今後も値段の変動はあると思いますが投資するには可能性はあります。

2.FXで副業

FXは「Foreign Exchange」の略称です。日本語では「外国為替証拠金取引」と言います。

外国為替証拠金取引(がいこくかわせしょうこきんとりひき)とは、証拠金(保証金)を業者に預託し、主に差金決済による通貨の売買を行なう取引をいう。「FX」、「通貨証拠金取引」、「外国為替保証金取引」などともいう。FXはForeign eXchange=外国為替の略に由来している。海外ではForex (Foreign exchange) と呼ばれることが多い。また、日本では、投資商品としては、外国為替証拠金取引と差金決済取引 (CFD) は区分されているが、実際は、外国為替証拠金取引は差金決済取引 (CFD) の一種でもある。

Wikipediaより引用

要約するとドルやユーロといった外国通貨の為替の売買の差額で利益を得るといったところです。
24時間売買できるメリットもあり、レバレッジによって高い利益を得ることもできるが反対に言えば大きな損失をこうむる事も起こります。

3.不動産投資

不動産投資はマンションやアパートを購入して家賃収入を得たり、土地の価格が低い時に購入して土地の価格が上がったら売却して利益を得るといった投資方法です。

マンション・アパートで賃貸が埋まれば不労所得として収入が見込めるのが魅力的です。
最近では古い建物を購入してリフォームしてから売って利益を得る方法もあります。

2022年問題などで都市群の価格の変動が気になりますが今後も投資の代表に代わりはないと思います。

4.株式投資(NISA)で副業

企業が発行している株式を売買することによって損益を得る事を株式投資と言います。

利益だけではなく株主優待制度がある企業の株式を保有していることにより株式保有企業の優待サービスや株主優待商品などがもらえる事もあります。
株式投資をはじめて見たい人はNISA(ニーサ)がおすすめです。

NISAとは?
通常、株式や投資信託などの金融商品に投資をした場合、これらを売却して得た利益や受け取った配当に対して約20%の税金がかかります。
NISAは、「NISA口座(非課税口座)」内で、毎年一定金額の範囲内で購入したこれらの金融商品から得られる利益が非課税になる、つまり、税金がかからなくなる制度です。
イギリスのISA(Individual Savings Account=個人貯蓄口座)をモデルにした日本版ISAとして、NISA(ニーサ・Nippon Individual Savings Account)という愛称がついています。

金融庁より引用

NISAは年間120万円の非課税枠があり最長5年間となります。
最近は積立NISAもはじめ易くなっているので投資を始めたい方におすすめできます。

5.iDeCo(イデコ)

副業とは違うかもしれませんが、iDeCo(イデコ)「個人型確定拠出年金」も紹介しておきます。

iDeCo(イデコ)は毎月一定の金額を投資信託や保険、定期預金で運用し、60才以上で年金か一時金という形式で受け取ることができます。
ただし、60才以上にならないと受け取ることができないので注意が必要です。

iDeCo(イデコ)の特徴はいくつかありますが、積み立てた金額が「所得控除」の対象になるため住民税や所得税が節税できます。
副業で得たお金をiDeCo(イデコ)で積み立てれば節税効果も狙えますのでお得ですね。

副業のマインドとまとめ

副業を始めたばかりやはじめようと思っている方がこの記事をご覧になっていると思いますが、まずは「行動する」ということが大事です。フットワークが軽いことが副業をするにあたって重要なことだと思います。

インターネットの情報は玉石混交なので、AのサイトではXという副業が稼げると書いてあって、BのサイトではXの副業は稼げないと書いてあることもあります。そういった情報に踊らされないようにしましょう。

どれが稼げるとかこれは稼げないといった情報よりも自分にあった方法で行うのが1番と考えられます。なのでまずは「副業をする」ということに重点を置いて行動しましょう。いくつかの副業をして[ 自分に合う = 稼げる ] [ 合わない = 稼げない ]といったことになると思います。

副業によっては自分に合わないけど稼げるものもあるかもしれませんが、合わないものだとずっと稼ぎ続けることは難しいと思います。
例えば月に5万円を稼げる副業があったとしてそれが半年しか続かず時間・体力や精神も疲労してしまうものだと、

50,000円 ✖️ 6ヶ月 = 30万

となりますが、
月に3万円を稼げて1年以上続けられるものであれば

30,000円 ✖️ 12ヶ月 = 36万

を稼げることになります。
自分にあった副業を見つけ継続するのが最善ではないでしょうか。

また副業によっては継続することにより経験やスキルも上がり月に稼げる金額もアップする可能性もあります。
まずは、少額でもいいので稼いでみて徐々に稼ぐ金額を増やしていくにはどうするかといったことをしていくのがいいと思います。