副業

【副業の種類】インターネットオークション

ネットオークションで副業

インターネットオークションは、インターネットを介して行われるオークション(競売)です。売り手が出品した物を落札期日までに一番高く入札した人が落札し、落札後に支払いを行い、出品者が入金を確認したら商品を発送して落札者に商品が届くといったシステムです。1円スタートから始まるオークションもあり、売り手の希望金額や即決価格が設定されている場合もあり、出品方法は様々です。

ネットオークションは非対面での取引となるため、信用が大事です。ネットオークションを始める場合、はじめから高価な物を出品するのは控えましょう。オークションのアカウントの評価が低い場合は信用度が低いので高い商品でもあまり値段が伸びない恐れがあります。はじめは不用品などを販売して評価を得ることからはじめていきましょう。そしてある程度評価が上がってきたら高価な物も出品してみるのもいいかもしれません。

あくまで自分の不用品などを販売するだけでは副業とは言えませんよね。そこで実際に副業としていくにはせどりや転売をして利益を得る方法になってきます。ネットオークションだけではなくメルカリといったサービスも複合的に利用して稼ぐのがいいと思います。

ネットオークションは今ではスマホで商品を撮影して出品するだけなので場所を選ばず気軽に行えます。時間を有効活用して稼ぐこともできるので、一つの手段として抑えておくのもいいでしょう。

ネットオークションの種類

ネットオークションは現在ヤフオクとモバオクが主流となっています。

ヤフオク モバオク
出品の月額費用 無料(2018年11月から) or 498円 月額324円(Google playだと360円)
落札手数料 無料 無料(ただし有料会員でないと落札できない)
出品手数料 落札価格 無料会員10% | プレミアム会員8.64% 無料
ユーザー数 1880万人 860万人
オススメ度

比較してみると出品手数料や落札手数料はモバオクの方がお得に見えます。ユーザー数はヤフオクが倍以上となってます。レア物などは人が多いのでモバオクより手数料分値段が上がる可能性も高いです。今後本格的に稼ぐのであればヤフオクをおすすめします。理由はストアにすれば手数料も下げれますし、モバオクよりヤフオクの方が出品ツールなどが豊富です。有料、無料ツール合わせて大量に作業を効率化し稼ぐことができれば手数料も含めて稼げる確率が高いです。

ネットオークションをするにあたっての注意

自分の所有物を売って稼ぐことは問題ありませんが、本格的にせどりや転売っといった場合にオークションで商品を仕入れて販売して利益を得る方法だと古物商を取得するのをおすすめします。無許可で販売を続けていると罰せられる場合もあります。あとは年間20万以上の所得がある場合には確定申告をしなければなりません。古物商を所持していれば仕入れは経費にできますのでこれはお得ですね。

取得には19,000円かかりますが、本格的にオークションで副業をやっていくのであれば古物商を取得するようにしましょう。